家作りの第一歩はココから!

エコ住宅を建てるにあたって

最近、エコ住宅の需要は非常に高まってきています。その名のとおり「エコ」に配慮した住宅であり、冷暖房などを動かすエネルギーを無駄なく使えるように、またエネルギーを自宅で得られるように工夫されている家です。

 

世界的にCO2排出などの環境問題に取り組んでいる中、日本でもCO2排出による地球温暖化に対処しようと、現在様々な取り組みがなされています。その中で、日常生活から省エネを実践できて環境に優しいエコ住宅への関心が高まってきました。また、建築材料に使われた化学物質に反応するシックハウス症候群になった人がいたことも社会的関心の一つとなり、人に優しい建築を目指した流れもあります。2011年の東日本大震災を経験し、日本に住む多くの人々はエネルギー確保の点でも意識が変わってきたようです。震災による原子力発電事故を受けて、自宅で太陽光発電などのエネルギー確保と省エネを始めようという人は増加しました。

 

国や地方自治体もエコ住宅の推進を図り、住宅メーカーもエコ住宅の開発・普及に力を入れています。様々な補助制度によって、エコ住宅、あるいはエコに配慮する太陽発電や高効率給湯器、蓄電池システムがより普及するよう試みられています。

 

エコ住宅と関連する用語として、スマートハウスということばもよく使われています。スマートハウスとは、情報技術によるエネルギーマネジメントのシステムを家に取り込み、エネルギーの需要と供給を最適化する発想の住宅を指します。エコ住宅とスマートハウスは、ことばは違っても「省エネ」と「エネルギーマネジメント」という中核となる概念は重なっています。元々、エコ住宅は「省エネ」を念頭において考えられた住宅でしたが、近年のエネルギー供給状況を反映して、エネルギーの「創出」や「蓄積」の発想も持つようになり、スマートハウスの概念に近づいていったようです。

 

地球に優しく、住む人にも優しい家作りは、建築家にとっても企業にとっても魅力のあるテーマになっています。技術やコンセプト提案の競争はますます激しくなりそうな様相で、これからのエコ住宅は更に進化していきそうです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市